単利と複利についてのレポート

株のメリットは複利で資産を増やしていけること

預金によって資産を増やしていこうと思った場合、これは単利になります。毎月一定の金額を積み立てていくといった方法をとることが多いですから、わずかな利子を受け取ることができるとはしても、ほぼ単利だと考えられます。株の場合、複利で増やすことができるというメリットがあります。たとえば、1年目に資産を1.2倍にしたとすると、2年後に同じだけのパフォーマンスを得ることができれば、1.44倍に増やすことができます。株はこのような複利で増やせるために、資産形成に適していると考えられます。インフレ率が高くなってきていますから、単利では実質資産を減少させてしまうかのせいがあります。株の場合には複利で増やせるとともに、インフレ率よりも高い利回りで増やせると言ったこともあって、今後の資産形成には必須なものの一つだと言えるでしょう。資産の一部を株として保有することによって、長期的な資産形成に役立つと考えられるのです。