単利と複利についてのレポート

複利計算式の金利システムは金額が高くなります

お金の貸し借りに常に付きまとうものの一つとして金利は欠かすことができません。銀行にお金を預ける際や逆に金融機関からお金を借りる際に提示される金利は、最も重要な要素の一つであると言っても過言ではなく、多くの人が注意を払っている数値であると考えられます。金利を考える上で重要となるのは、年利はもちろんですが、その計算方法も重要であると考えられます。金利の計算方法には単利計算式という計算方法と複利計算式という計算式の2種類が存在していおり、ついつい見逃しがちですが、この計算方式によって利息が変わってくるのです。単利計算式の場合、元金に対してのみ金利がかかり、利息が導き出されます。一方で複利計算式の場合元金に加えて発生した利息にも金利がかかるため、同じ期間・同じ金額・同じ金利でも利息に差が出てくるのです。お金を貸す場合には複利計算式の方が自分にとって都合がよく、お金を借りる場合には複利計算式は自分にとって不利となります。お金の貸し借りをする際は、金利はもちろん、その計算方式にも注意が払うことが重要であると考えられるのです。