単利と複利についてのレポート

「単利」と「最終利回り」は異なるので要注意です

資金を借り入れる際には、手数料や貸出期間のほかに、金利にも注目することになります。この金利に注目する際には、「○○%」という数字の部分に注目するだけではなくて、その金利がどの金利を指しているのかにも注意を払うことが必要です。例えば、「単利」と「最終利回り」とでは表している意味が異なります。単利の場合は、元本に対する期間あたりの利息割合を示しています。したがって、100万円を単利10%/年で借り入れると、1年後には110万円、2年後には120万円に増えていくことになります。いっぽう、最終利回りは、最終的な元利合計額から逆算した各期間ごとの利息割合を示しています。例えば、100万円を複利10%/年で借り入れた場合は、1年後には110万円、2年後には121万円となるため、最終利回りは単利10%の場合とは異なってきます。借金をする際には利息の数値だけではなく、利息の種別にも注意する必要があるのです。